マイストーリー

第1話:助産師の存在を知らなかった・・

マイストーリーについて

【マイストーリー】のカテゴリーでは、

  • わたしが助産師になりたいと思ったきっかけ
  • 助産師として、病院でどんな風に働いていたのか
  • なぜ、鍼灸師になったのか
  • つわり整体をやろうと思った理由、など

これまでの道のり、モノの観方や考え方について、マイストーリー形式でお伝えしていきます。

どうぞ、よろしくお願いします。

 

助産師の存在すら知らなかった

まずはじめは、
わたしが助産師になりたいと思ったきっかけから書いていきたいと思います。

わたしは、大学に入ってから、
助産師になりたいと思いはじめました。

実はそれまで、
助産師という仕事の存在すら知らなかったんです。

 
 
助産師になるには、
国家試験に合格する必要があります。

その国家試験を受けるためには、
助産師養成課程のある大学を卒業しなくてはいけません。
(看護師の短大や専門学校を修了した後、追加で助産師コースを選択するパターンもあります)
 
 
ということは、高校から大学へ進学する時点で、助産師をめざして進学先を決めなくてはいけないということです。

ですが、わたしの場合、入学した大学に、たまたま運良く、助産師コースがあったのです!!

 

"たまたま"なんて言ったら、怒られそうなのですが・・

じゃあ、なぜ、
そもそも、その大学に進学したの?というと・・

幼い頃の夢、それは、
懐かしのあのTV番組「なるほど・ザ・ワールド」に関係があります、笑。

続きはコチラ↓

第2話:将来の夢は"ミステリーハンター"わたし、大学に入るまで、助産師の存在すら知らなかったんです ↓↓↓ https://karada-kulumi.com/myst...

 

くるみ助産院の
マイストーリーズ


これまでの道のり、世界観や人生観を、
第1話~第〇〇話までのマイストーリー形式で綴っています。

読めば、助産師の鍼灸師 下地あやの のことがもっとよくわかります。

  • 助産師になったきっかけ
  • 病院時代の忘れられないエピソード
  • 鍼灸師になったのは恋におちたから
  • 三度にわたる壮絶なつわり体験記
  • くるみ助産院をひらくまで,など

クリックして
はじめから読む ≫≫