お知らせ

『安産体質になる教室』開催♪

安産ってなんだろう?
助産学生だった頃から、ずっと考えてきました。

お母さんと赤ちゃんが元気であることは、
もちろん!なのですが、

安産と聞いて、思い浮かぶのは、

時間が早いこと?
痛みが少なくてすむこと?
会陰切開しないこと?
帝王切開や誘発分娩だったら?

いろいろな疑問がうかびます。

***

病院に勤めてすぐ、
新米助産師だった頃の話です。

初産の妊婦さんが入院してきて、
わたしが、担当になりました。

 
入院時、子宮口は3㎝開大程度

ですが、
あれよあれよという間に、お産が進み、
びっくりするくらいあっという間に、赤ちゃんが誕生しました。

 
それまでは、どっちかというと、
時間がかかって大変そうな人が多かったので、

めちゃめちゃスムーズだったし、
赤ちゃんも元気だったし、

ほっとしたわたしは、思わず、
「すごい安産でしたね!よかったですね!!」
って、声をかけたんです。

 
そしたら、なんと

「えっ?!これって、安産なんですか?!
だったら、私、もういいです。次は、産まないと思います」

なんともザンネンな答えが返ってきて、
その言葉に、わたしの頭はガーーーン!!とショックをうけました。

「そうか、いくら、お産がスムーズでも、ご本人がそう思えなかったら、意味がないのかもしれない・・」

と、痛感。。

 

これまでにも、

「私って、安産でしたか?」
「初産で○時間かかったんですけど、これって安産ですか?」

と聞かれたり、
逆に「お産はどうでしたか?」とたずねる時、

「病院の先生や助産師さんには"安産だね"って言われました。そうなんですかね?先生が言うってことは、きっと、そうなんでしょうね」

と答える方が、
けっこうな割合で、いらっしゃっいます。

 
難産だったねと言われるよりはいいかもしれないけど、

それって、
病院の先生や助産師さんが決めることなのかな。

なんだか、もったいないなぁと、思ったりもします。

 

『安産でありますように・・』

出産をひかえた人なら、
誰でも、願うことです。

(わたしも含め)周りだって、
心から、それを願っている。

 
だから、助産師として、
そのために出来ることはなんだろうと考えた時、

また、最初の疑問に戻るわけです。

安産ってなんだろう?

あなたは、どう考えますか?

 

前置きが長くなりましたが、
ここからが、本題です。

わたしには、3回出産を経験して、
みつけた答えが、ひとつだけ、あります。

それは・・

「安心」できるお産

それが、安産ではないかということ。

 
どんな形であれ、

"安心して、産むことができた"

妊婦さん・産婦さん自身が、
そう感じられることができたら、

それが【最高の安産】じゃないかと思うのです。

 
・・だとしたら、
その「安心」はどっからくるんだろう?

どうしたら、それを、
ちゃんと「感じる」ことができるんでしょうか?

 

そのこたえがこちらです。

今回、開催する
『安産体質になる教室』では、

安産につながる
"安心"と"感じること"

このふたつが、
大きなテーマとなっています。

 
それを、
【身体を通して、体感すること】が、
この教室の最大の特徴(特権)です。

 
なぜかというと・・

お産は、
アタマ(知識)やココロ(気持ち)ではなく、
なによりも、カラダを使うことだから。

 
どんなに、
出産に関するの情報や安産のための知識を知っていても、

身体が追い付いてなければ、意味がない。

 
どんなに、
気持ちを落ち着かせよう、安心しようと思っても、

陣痛が来た時、
リラックスしようと思っただけで出来るなら、苦労はしない。

 

ですから、
こころとカラダがつながっているとしたら、

先に、カラダを「安心」させることで、
ココロが落ち着いてくるし、

カラダが、それを感じることで、
アタマが、後から付いてくる。

 
それを知り、
体感するための教室です。

 
この教室では、
両親学級や出産準備クラスでやるような、
出産の流れや呼吸法などは、一切、やりません。

ですが、
この教室でならったことを軸にすれば、
母親学級でならった知識が活用でき、

教わった呼吸法や
毎週参加しているマタニティヨガだって、

もっと効果的で、
もっと意味のあるものに、
"カラダを通して"
つながっていくはず。

これまでやってきたこと、感じたことを、
再確認する場だと思ってもいいかもしれません。

 

最初に書いたように、
【身体を通して体感してもらうこと】
この教室のたいせつな要(かなめ)です。

だから、
このご時世に申し訳ないけれど、
オンラインでは、どうしてもお伝えすることができないのです。

 

教室の内容としては、

身体を使ったワークをしながら、
まずは、今のあなたの「感じる」レベルをチェックしたり、
身体の「安心」とはどういうことなのかを、体感してもらいます。

それをふまえて、
安産につながる、身体の使い方をマスターしていくという流れ。

それに追加して、
安産のためのツボとお灸ケアを伝授します!

 
安産のお灸とは、
冷えを予防し、
子宮や骨盤のめぐりを良くすることで、

お腹の赤ちゃんが元気に育ち、
安産になるといわれています。

また、このお灸は、
教室でお伝えする内容を深めるツールとして、最適なアイテムでもあります。

安産灸については、
わたしの体験談もありますので、ぜひ、読んでみてください。

第27話:安産のお灸はホントに効くのか?実際に検証してみた(1人目出産レポ①)なぜ、ゴーヤーチャンプルーなのか?最後まで読めばわかります 助産師のわたしが、 妊娠中、安産のためにやったことは、たった2つ。 ...

 

それでは、詳細です。

安産体質になる教室

◆開催日時:
2020/06/24(水)14:00-15:00(約60分)※ 受付終了
2020/07/22(水)14:00-15:00(約60分)※ 現在、受付中
2020/08/26(水)14:00-15:00(約60分)※ ご案内待ち

◆会場:くるみ助産院*おきなわ
うるま市川崎/
具志川じんぶん館のすぐ近く

◆参加条件:安定期に入った妊娠5ヶ月頃~出産前の妊婦さん
※妊婦健診を定期的に受診し、体調の落ち着いている方

◆受講費:3,000円
お支払いは、当日に会場にて
現金でおねがいします

◆お申込み・お問い合わせ
①●●月 安産教室の申し込み
②ご氏名
③現在の妊娠週数
④携帯電話番号

 
上記を明記の上、
くるみ助産院LINEからお申込みください

安産教室・お申込

クリックでくるみ助産院のLINEが開きます。
友達追加してメッセージを送って下さい。

 
"それほど、安産にこだわってはいない。(私と)赤ちゃんが元気ならそれでいい"

そんな風に思っている方も、
いらっしゃるとおもいます。

たしかに、それは、
何をおいても、いちばん、いちばん大事なことです。

 
ですが、その上で、
「安心」と「感じる」身体の使い方は、
安産に限らず、

【安・産後】や【安・子育て】へ
つながっていくんです。

 
文字で書くと、おおげさで、
ちょっぴり難しく感じるかもしれません。

だけど、ほんとは、
かんたんで、ちょっとしたコツなんです。

 
ちょっとなんだけど、
意識するのと、しないのとでは、大違い。

だから、知ってほしいんです。

 

「どういうことか、よくわからない」?

もし、そう思ったら、
アタマで考えるより、カラダで感じた方が、ダンゼンはやいです。笑

 
百聞は一見にしかず
とは、よく言ったものですね♪

ぜひ、あなたのカラダで体感し、
あなたの『安産』に活かしてください。

 
お申込みはLINEから

 
※ 感染防止対策のため、
ごく少人数のお申込に限らせていただいてます。

ひとまず、
月イチで第4水曜日に、同じ内容の教室を開催する予定でいます。

 
ただ、もし興味があるなら、
早めのご参加をおすすめします。

だって、体質が変わるには、
ある程度の時間が必要だから。

その方が、
実践する機会も多くなり、身になるというものですから☆

 
ご不明な点も、
LINEからお気軽にお問い合わせください。

 
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

つわり鍼灸【くるみ助産院おきなわ】/助産師の鍼灸師 下地あやの