幸せなカラダ

つわり to コロナ

つわりとコロナは似ている

あ、病状とか、医学的なことではありません

あり方の話です
あしからず。

 

語弊を承知で書きますと、

コロナ禍って、
世界のつわりみたいだなぁ・・と

 
渦中にいる時は、

つらくて、どうしようもなくて、
いつ終わるのかもわからなくて、
先が見えなくて、
どうなるか不安ばっかりで、

仕事ができなくなったり
生活のすべてが、
どんどん変わっていく気がして

 
だけど、
ちょっとずつちょっとずつ
落ち着いてみてみたら、

元気であることや
家族のありがたさや

助けてくれる人のやさしさとか
代わりに働いてくれる人への感謝とか

そういうものに
改めて気づいたり、身にしみたりして..

 

最初は、不安で
混乱もしたけど、

いつの間にか、
なんだかんだで
それなりに適応していて。

 
コロナのいう『新しい生活様式』は
よくわからないけど、

つわりでいう『新しい生活様式』は
新しい命が生まれて、育っていくための環境や、
からだやこころを、

痛みや苦しみをともないながらも、
調整するための時間だったんじゃないかと気づく。

 

そういえば、
つわりの期間は(人にもよるけど)だいだい2ヶ月くらい

コロナの騒ぎも、だいたい同じくらいですよね。

 

だからといって、
「つわりやコロナよ、ありがとう」と
神聖化するつもりはない、のです

コロナで困っている人は
きっと、今もたくさんいるし、

つわりで苦しんでいる時は、
そんなキレイゴトどうたっていいから、
この気持ち悪ささえ消えてくれればなんだっていいと

ずっとひたすら、そればかり考えていたから。

 

だけど、もし、
コロナ禍が世界のつわりだとしたら、

数ヶ月後、世界は、
あたらしい何かを生み出すのでしょうか

・・それは、わかりませんが、笑;

 
つわりは、
落ち着いたら、
それで終わりじゃない

安定期になっても、臨月に入っても、
出産しても、子育てしながらも、

女性のこころとからだは変わりつづける。

だから、定期的に
メンテナンスが必要かもしれないと気付くんです。

 

困った時に、解決策を探しまわって、
アワアワするんじゃなくて、

元気な時にこそ、
楽しい事を満喫するために、
今ある、しあわせをめいいっぱい感じるために。。

 
あ。
それも、コロナの第一波が落ち着いた今と、
けっきょく、同じかもしれないですね。

 

助産院サロンで身体メンテナンス
ご予約、お待ちしています

 

つわりとマタニティ鍼灸・産前産後じゃないおっぱいセラピー【助産院 ある】/助産師の鍼灸師 下地あやの