幸せなカラダ

マスクに反対ではないけれど・・ 

やっと、学校がはじまりました。
お子さんの入学式という方も多いでしょう。

おめでとうございます。♪

 
わたしは、長男くんの転校初日だったので、
学校についていったのですが、

校舎の入り口で、子ども達が一列にならび、
検温チェックをしてから、校内に入っていました。

 
全員、マスク着用。

たまたま、忘れた子がいて、
先生が、予備のマスクを探しに走るという光景も。。

 

マスクの着用自体は、べつにいいのだけど、

子ども達が付けるマスクに、
感染防止の効果は、ほぼ、ないでしょう
(つけ方とか、マスクの管理とか)

飛沫をおさえるにしても、
子どもの集団行動で、他人に接触しないなんてことは、
皆無だし

じゃあ、なんで、あんなに、
みんなして「マスク!マスク!」というのでしょうか。

 

きっと、マスクが、感染予防の他に、

「わたしは、コロナウイルスをうつさないようにしています」

「わたしたちは、できるかぎり、感染予防対策をやっています」

という無言アピールの象徴になったということなのでしょうね。

 
ただ、こうなってくると、
ちょっと、しんどいね..

"マスクをしていても息はできるが、時々うっとうしい"と、
同じレベルの息苦しさ。

 

たまには、
マスクを外して、深呼吸しましょう。

ただ、ずっとマスクつけっぱなしって、
呼吸も浅くなるし、
耳にも負担かかるし、

どうにも、
氣のめぐりが悪くなる。

 
施術中、わたしはマスクをしてますが、
お客さんには、外してもらっています。

希望であれば、
もちろん、マスクのままでもOKです。

遠慮なく、おっしゃってくださいね。

 

つわりとマタニティ鍼灸・産前産後じゃないおっぱいセラピー【助産院 ある】/助産師の鍼灸師 下地あやの