子どもの健康

子どもに、お灸って出来るんですか??

「ね〜、もくもくさん、やってー」

長男が言ってくる。

「学校のクーラー、
めっちゃさむいんだよ
直撃なんだよ

あと3ページで
1学期の算数おわるよ

あったかーい
んー、もういい、おわり〜(早い)

ついでに、マッサージもしてー」

 

お灸も、自分からやって!という時と、
やろうか?と聞くと、今日はいいっていうパターンもあるし、

小さいのがいいとか、コロコロするやつとか、
足にやってほしいとか、お腹がいいっていう時もある。

 
ちなみに、マッサージというのは、
モミモミしたり、ギューギュー押すようなのじゃなくて、
深いタッチで、お手当てをすること。

 

子どもは、とっても正直で、
カラダの"心地良い"をちゃんと知っている

「子どもにもお灸ってやっていいんですか?」って聞かれるけれど、

こたえは、基本イエス。

 
ただ、やけどなどの危険があるので、
「動かないで、触らないで」が通じる年齢であれば〇

それが通じれば、2~3才からでも問題ありません。

 

ちょっとだけ、コツはあります。

子どもは、気が動きやすいので、
大人の半分より、短い時間で終わること。

本人が「おわり、もういい」って言ったら、すぐ終わること。

 
本人が恐がったり、イヤって言ったら、無理強いは絶対にしない。

でも、お母さんがやることには興味深々なので、
まずは、ちょっと手伝ってもらうところから、始めるといいかもしれない。

 
ちょっとだけ、触ってもらう。

火が消えて熱くないものをくっつけてみる。

すると、だんだん「やってみてもいいよ。」になってきて、
お灸をみたら、やってーと言って来るようになる。

 

お灸で親子のコミュニケーションって、すごくアリだと思うんです。

親ばなれも反抗期もまだだけど、
こんなコミュニケーションもある!って知ってたら、なんか、大丈夫って気がしている。

理屈や感情を超えて、
カラダが知っている心地よさが、きっと接点になるはずだから。

 

子どもと一緒に楽しめる特別なお灸、オンラインレッスンあります。

【募集中】免疫力アップ♪子どもと一緒にたのしめる特別なお灸 子育て中は、いろいろ大変だけど、 ママさんたちは、いつも、すこしでも前向きに、 「せっかく、子どもといっしょに過ごせる時...

 

つわりとマタニティ鍼灸・産前産後じゃないおっぱいセラピー【助産院 ある】/助産師の鍼灸師 下地あやの